OFFICIAL MERCHANDISE STORE photo

BANDs /// DOOM & A to Z

DOOM / BAKI / CASBAH / JURASSIC JADE / セウ / SHELLSHOCK / SURVIVE / TRANSPARENTZ / ZENI GEVA


Date, Time & Venue

2015/1/12(mon./holiday) CLUB CITTA'
open 13:30 / start 14:00 / close 21:30


TICKETs <10/25 on sale>

※入場の際にドリンク代¥500が必要となります。
※2F指定席券は1Fフロアにも御入場可能です。





DOOM

DOOM

遂に再始動を果たすDOOM。結成は1984年。藤田、諸田、広川の3人による、プログレ、ハードコア、ブルース、ジャズなど多ジャンルの影響から独自のサウンドを生み出し、白塗りメイクの強烈なインパクトと共に、他を寄せ付けない圧倒的なオリジナリティを獲得。1st「No More Pain...」は好セールスを上げ、メジャーデビューへの道を自ら切り開く。その後もツアーで全国を廻り、数々の名盤を生み出す中、広川が脱退。後任にGASTUNKのPAZZが加入。新たな血をDOOMに注ぎ、スリリングなサウンドはさらに加速。止まらない進化を続ける中、諸田が急逝。DOOMは地下に潜り、ほとんど姿を見せなくなった。それから数十年、もはやDOOMを体感することは不可能と言われていたが、2014年、結成メンバーである藤田を中心に、PAZZ、過去にCASBAHに在籍していた古平が集結。幾多もの伝説を残すDOOMが遂に再始動を果たす。DOOMの数々の名曲がフルセット・ライブで甦る!!


BAKI

BAKI

怒りや哀しみに加え、人間としての感情の全てを多彩な声で表現する孤高のヴォーカリスト BAKI。EXCUTEでの活動を経て、GASTUNKに加入したのは1985年。激しくもメロディ溢れる演奏に対峙する、BAKIのカリスマ性溢れる歌/姿は圧倒的な支持を集め、狂信的とも言える熱いファンを獲得。DEAD SONG / UNDER THE SUN / MOTHERと名盤を産み出し、そのオリジナリティは世界にも飛び火し、METALLICAとの交流も生む。GASTUNK解散後は、ソロ、BAKI+DOOMによるQUARTERGATE、諸田コウ氏との#9を経て、現在はMOSQUITO SPIRALで活動中。当日、数十年振りとなるDOOMとの邂逅に期待が高まる。


CASBAH

CASBAH

DOOM、JURASSIC JADE、OUTRAGE、UNITEDと並び、ジャパニーズ・スラッシュ・シーンを牽引した最重要バンド。1980年代半ばから活動し、インディーズ・ リリースの7インチ・シングルや自主制作のデモ・テープが注目を集め、海外でも高い評価を得るに至る。特に『RUSSIAN ROULETTE』(7”)と『INFINITE PAIN』(DEMO)はジャパニーズ・スラッシュの金字塔とも言える傑作だ。そして1997年、満を持してROADRUNNER JAPANと契約。4作品をリリースするも、2000年9月に突然の活動休止。その後何度かのライヴを経て、ドラマーに新メンバーを加え、2013年に完全復活。現在は新作リリースに向けて着々と作業進行中。2015年、新たなCASBAH伝説が幕を開ける。


JURASSIC JADE

JURASSIC JADE

バンドの結成は1985年、今年で29年目を迎えるジャパニーズ・アンダーグラウンド・シーンの重鎮JURASSIC JADE。メンバー・チェンジを繰り返しながらも、決して歩みを止めることなく、進化(=深化)を続けるモンスター・バンドだ。初期は“日本のSLAYER”とも称されたスラッシュ・サウンドだったが、徐々に彼等ならではのヘヴィ・サウンドへと移行し、現在では他に類を見ない正に唯一無二オリジナリティを確立。特に少女から鬼神まで変幻自在に表現するHIZUMIのヴォーカルは筆舌に尽くし難い。9月に最新作『帰天』をリリースしたばかりの彼等。レコ発はUNITED、ROSEROSEを迎えての11/2(日)新宿Wildside Tokyo。


セウ

セウ

ベースのアベ(ex.GOOFY STYLE、諸田コウ氏に師事)を中心に活動開始。抽象芸術家chappy(SARVAORB)をギター、モーラー奏法の伝道者ニシカワ(フリサト etc)をドラムとして2014年から本格始動。インプロビゼーションを交えたインストにより安心と不安、同期と非同期、共感と反発、喜びと悲しみ、始まりと終わり、活動と停止、生と死など、人間が一生を音で表現する。その瞬間的な熱量が会場を包み込む、クールに熱いステージングは必見。


SHELLSHOCK

SHELLSHOCK

DOOM、SACRIFICE、JURASSIC JADE等と共に国内Thrash黎明期を語る上で外せないのが、今年結成30周年を迎えるSHELLSHOCKだ。'84年にリーダーの伊藤彰(Vo & Gu)を中心に結成され、'94年に一度解散するまでにフル3枚とミニアルバム1枚をリリース。'09年には待望の復活を遂げ、そのタイミングでHOWLING BULL時代にリリースされた音源を収録したBOXセットをリリース。'13年には復活後初のアルバムである『肆 -SHI–』を発表。初期DOOMとは神楽坂EXPLOSIONにおいてよく共演していたが、SHELLSHOCKのベースである千葉"DIE"政巳も後期DOOMに参加したり、再始動DOOMのドラマーであるPazzもSHELLSHOCKに参加するなど、DOOMとは何かと縁が深いバンドである。


SURVIVE

SURVIVE

1998年にex-DEATHFILEのNEMOを中心に結成。結成当初より海外での活動を念頭に置いており、2012年8月イタリアのAlphaOmegamanagementと契約。これをきっかけに、海外での活動を本格化させBEHEMOTH(Poland)、 KREATOR(Germany)、OVERKILL(USA)、INCANTATION(USA)等とヨーロッパやロシアでツアーを敢行。直近では再びBEHEMOTHとロシアツアーを行い、最終日は野外フェスティバル「NEXT GENERATION FESTIVAL」にてKORN(USA)、SOULFLY(USA)と共演した。近日中にニューアルバムをヨーロッパ・アメリカ・アジアでリリース予定。また、発売と同時期にアメリカツアーが予定されている。


TRANSPARENTZ

TRANSPARENTZ

山本精一(ROVO / PARA / MOST / 想い出波止場 / ex-BOREDOMS)、日野繭子(DFH-M3 / Mne-mic / ex-C.C.C.C.)、HIKO(GAUZE)という歴戦のメンバーとisshee(共犯者 / Bar Isshee店主)が2013年に結成した究極のグラインド・ノイズ・トランスユニットTRANSPARENTZ。ライブ回数は少ないものの、毎回完全即興で1曲45分超の怒涛の空間を産みだしている。その長時間持続するエクストリームさは比類無きものである。なおメンバーの issheeは90年代に存在していたDOOMのファンクラブKGBのスタッフでもあった。


ZENI GEVA

ZENI GEVA

ロックの本質を独自に解釈して表現する、KK NULL率いるZENI GEVA。結成は1987年。1990年には初のアメリカツアーを決行。メンバーチェンジを繰り返しながらも、アメリカ/ヨーロッパを中心に精力的にツアーを行い、世界中の名だたるコンサートに招聘されている実績を持つ。アヴァンギャルド、マスロック、ノイズ、エクストリーム、その他あらゆる異形なサウンドを全て内包し、ソリッド&ヘヴィ、ダークネスに吐き出す緊迫の世界観は、世界中の音楽家に影響を与え、Steve AlbiniやNEUROSISとの交流にも繋がっていく。現在はRUINS、高円寺百景でおなじみの鬼才ドラマー 吉田達也が復帰し、KK NULLと吉田達也が対峙する2015年型ZENI GEVAがこの日に登場!! 日本が世界に誇る異形ロックの至宝が降臨!!!!